私は私なりのこういうふうな思いだというのをわざわざ強引に思い描いているわけではなく、「私はこう思っているよね。」と自分で自分に確認しているのです。