そうすると、いや、でもちょっと違和感があるな、それでいいのかな?ということを感じたりします。