そういう覚悟で、いつ終わりが来るかわからないけれども、その直前までは永遠の夢を追いかけましょう、ということが言いたいのです。