いつも幸せを喜びと楽しみと笑顔でイメージをすることができるなら、もう少し、もう少しと、がんばって行けるはずです。