しかしその法則を少しいじって、すなわち花開いた絶頂で花弁を摘み取って、養分を抹消しないようにして、そのぶん球根を育てているのです。