どうしてもいまこの時でなければならない時という瞬間があるのです。