喜生の実践こそが、実践の基本中の基本です。