腕組みをして見守っていろということは、その後その人たちがこちらに戻ってきたときには、すべてを許して笑顔で迎えてやるんだよということを意味しています。