ここで大切なことは、自分にとって必要であるか必要でないかは自分にとって欲しいか欲しくないかではないということです。