さて、見極めて、自分にとって必要であるものと必要でないものを分類して整理していきますと、必要でないグループに分類されたものは自分に不要なものですから、棄てるなり処分するなりしなければなりません。それが別れるということです。